メンバー紹介

小池 敏弘

株式会社サイバーセキュリティクラウド代表取締役社長兼CEO

PROFILE

WEBサイトをサイバー攻撃から守るサービスを開発・提供する株式会社サイバーセキュリティクラウド(東証マザーズ上場)代表取締役社長兼CEO。中高時代を熊本県で過ごし、大学卒業後、リクルートグループを経て米ITベンチャーなど複数の企業経営を行う。

事業内容を教えてください。

小池敏弘株式会社サイバーセキュリティクラウド代表取締役社長兼CEO(以下、小池)当社は「世界中の人々が安心安全に使えるサイバー空間を創造する」 という企業理念を掲げ、Webセキュリティサービスをサブスクリプションで全世界に向けて提供しています。Webセキュリティの中でも当社が守る対象は、Webアプリケーション層です。「WAF(Web Application Firewall)」と呼ばれるセキュリティサービスを扱っており、不正アクセスによる個人情報漏えいやWebサイト改ざんなどを防いでいます。

2013年にWebセキュリティ事業を開始して以来、当社が一貫して取り組んでいる課題は「WAFが当たり前に使われる世の中にする」ことです。そのために当社は、クラウド型WAF「攻撃遮断くん」やパブリッククラウドにおけるWAF自動運用サービス「WafCharm(ワフチャーム)」を国内中心に展開し、国内では導入社数・サイト数国内1位※を獲得し、世界では70カ国/地域超、2500以上のクライアントにお使いいただいています。

しかしながら、日本国内において「WAF」の認知度や導入率はまだまだ低い状況です。今後の拡大余地は大きいと思いますし、これからが勝負だと考えています。

※ 出典:「クラウド型WAFサービス」に関する市場調査(2019年6月16日現在)<ESP総研 調べ>(2019年5月〜2019年6月 調査)

サイバーセキュリティクラウドの経営に携わるまでの経緯を教えてください

小池新卒でリクルートHRマーケティング関西(現リクルートジョブズ)に入社し、2016年には、米国シリコンバレーでAppSocially Incというチャットボットを開発する会社に取締役COOとして就任しました。2018年は、M&Aの仲介サービスを手掛ける株式会社ALIVALを創業し、代表取締役に就任しました。2020年にALIVALの売却を検討する中でサイバーセキュリティクラウド(CSC)に出会い、CSCの経営への参画を要請され、これまでのキャリアを活かせると思い、参画を決めました。

今後のビジョンを教えてください。

小池サイバー攻撃の脅威がますます高まる中、お客様の期待に応えるためには、私たち自身もこれまで以上に速いスピードで成長していく必要があり、特に2つのテーマに注力していきます。

一つは啓発活動です。新型コロナウイルスの影響でDX化する企業が増えています。DX化が急激に加速することにより、サイバーセキュリティ対策が十分にされないWebサービスが増加し、サイバー攻撃が増えるといった流れになると考えており、今後のセキュリティ対策はより重要になります。当社としても、その啓発活動が必要になってくると考えています。

もう一つは、セキュリティ業務の自動化です。日本はセキュリティ人材が世界と比べて圧倒的に不足しています。今後はセキュリティ業務を自動化にし、人に頼らず、効率的にセキュリティ対策を実施することを考えています。

熊本創生企業家ネットワークでの役割は。

小池私は普段東京にいることが多いので、熊本から東京に出てきている方を中心に賛助会員を募ったり、WEBサイトやSNSを活用してPRを行ったりしています。
私自身の大企業における企画業務や海外での経営といったキャリアが少しでも会員のお役に立つよう、IT関連の情報やノウハウ、またビジネスに関わるさまざまなトピックスをメンバーのみなさんに共有しています。
また、熊本ではまだまだサイバーセキュリティの意識は高くないと思いますので、サイバー攻撃の被害を受ける前にセキュリティ対策をしてもらいたいと考えています。それが結果として熊本経済を強くすると信じています。